無痛分娩の教育・サポートに関するお問合せ
私たちのこと

私たちのこと

事業の特徴と代表の想い

代表の想い

「無痛分娩は、結局痛みは取れない。なんて思っていませんか?」
無痛分娩の臨床の実際に対して、まだまだ否定的な声が多い現状です。
当事業の導入により、低濃度、低用量の投薬でも痛みが出にくく、その分、分娩は止まりにくいため、患者さんに心から喜んでいただく姿を目の当たりにし、無痛分娩を提供する面白さ・楽しさを実感していただけたらと思います。

各々の役割、法的にできることは違えど、心身共に最も患者さんの傍にいる助産師であるならば、医師と対等に無痛分娩の産科・麻酔に関するコミュニケーションが取れる必要があり、そのためには、医師と同等の知識を養う必要があると考えています。
それにより、患者さんと医師とのコミュニケーションがスムーズになり、患者安全、チーム力の向上へと繋がっていきます。

診療の片手間で、新しい導入や既存からの変革、無痛分娩の助産教育を一から構築していくことは、非常に悩まされることと思います。
しかし、医学は日進月歩。産科も麻酔も安全かつ質の高い無痛分娩を提供していくためには、継続学習は必要です。
当事業の導入により、最終的には、硬膜外カテーテル挿入すること以外は、助産師でも対応できるようになるところまで、チーム全体の底上げが可能です。

些細なご質問やご相談も可能で、手取り、足取り、お伝えしてまいります。

チャイルドバース・サポート代表・山本 記穂 について
2007年聖隷浜松病院 総合周産期母子医療センター産科
2011年安城更生病院 総合周産期母子医療センター産科
2012年 聖隷浜松病院 緩和ケア病棟
極め細やかな疼痛緩和ケア・麻薬管理に従事し、のちの無痛分娩管理の源泉となる経験
2013年同病院 総合周産期母子医療センター産科
2014年 無痛分娩プロジェクト助産師リーダー拝命
麻酔科協働のもと、助産師、産科医が主体的に無痛分娩管理ができるようにゼロから現場構築と定着を牽引
無痛分娩臨床現場運用管理、マニュアル改定、無痛分娩臨床指導、無痛分娩定期勉会、
無痛分娩経過表改定、無痛分娩勉強会定期実施、データ管理、執筆活動、複数無痛分娩関連臨床研究
2015年:(日本産科麻酔学会)無痛分娩助産管理シンポジスト
2019年:(日本産科麻酔学会)無痛分娩助産教育シンポジスト
他.周産期全般医療、助産師外来(超音波検査含)、母乳外来、新生児蘇生法コース主催
2018年同病院 係長拝命
2021年同病院 消化器内科病棟 係長
2021年株式会社 LA Solutions 副社長 (無痛分娩コンサルティング会社)
無痛分娩プロトコール内容改定、無痛分娩e-Learning制作、
クライアントご施設にて助産師・産科医へ無痛分娩臨床実践教育
2022年3月チャイルドバース・サポート 代表
無痛分娩臨床教育(OFF-JT)、コンサルティング事業
医師協働のもと、助産師主体で無痛分娩管理できるように変革し、『より安全で、痛みが出にくい、止まりにくい』無痛分娩の実現を目指したサポート

取得・認定・受講

  • アドバンス助産師更新
  • 経営学修士 (グロービス経営大学院 卒)
  • 新生児蘇生法「専門」コースインストラクター
  • J-MELS ベーシックコース受講
  • 日本救急医学会認定ICLSコース受講